-

特定調停という方法も任意整理による解決と変わりなくそれぞれ貸し手への債務の返済を続けていくことを選択した債務整理の選択のことをいいます。80-15-122

他の表現でいうなら裁判所が関係する借金の整理と考えればいいでしょう。80-14-122

この手順も任意整理による処理と似ていて、自己破産とは異なってある部分だけの負債のみを整理していくことになりますので、保証人が関与している負債額を別として整理したい場合や自動車ローンの分を除いて検討する際なども申請することもできますし築き上げてきた資産を処分することが求められていないため、クルマや有価証券自分の資産を持っているけれど、手放したくない場合でも有力な選択肢になる借金整理の方法といえるでしょう。80-7-122

ただ、手順を踏んだ後返済する額と実際としての収入を比較しておおむね返済の計画を立てられるのであればこの特定調停による処理を進めることは可能ですが自己破産のように借金自体がなくなってしまうという意味ではありませんので借入金の量が多い場合においては、残念ながらこの手続きを踏むのは困難であるということになるでしょう。80-17-122

さらに、この解決策の場合は公的機関が介入するので弁護士事務所などに頼まなくても立場が弱くなってしまうようなことはないということとか、解決するためのコストをおさえられるというメリットは注目できますが、貸方からの督促に対して債務者自身が説明していく必要がある点に加え、所定の裁判所にことあるごとに顔を出す手間がかかる等のデメリットもあります。80-16-122

任意整理による手続きと比較してみるとこの方法により和解に達しないような際は年利をそのまま付けた額で渡していくことになるということや結果的には貸方に返していく総額が任意整理による処理よりも割高になる場合が多いなどといったデメリットもあります。80-6-122

80-20-12280-12-12280-10-12280-2-122

Category