-

外国為替証拠金取引(FX)の興味深いところは、一つの商品であるが投資期間を短い・普通・長いの3種類の中からいずれをセレクトするのかによって投入のやり方がまったく変わってくることにあります。アヤナス購入前情報

第一に外貨に対して投入する「長期の投資」に関して詳しく見てみよう。カイテキオリゴ 過敏性腸症候群ガス型

長期のスタンスというのは、一年以上の投資が基本とされているのが通常です。

基本的に為替レートで、一年以上も後の為替のレートは円高でしょうか、それとも円安かを連想するのはほとんどの場合困難なはずです。

普通の人は、「そんなに後の情勢は考えられない」と考えるのが本当のところだからです。

予想もできないものをなんとか予言しようと努力したところで、無意味なものです。

そんなわけで、外国貨幣を買ったと仮定して、その時点での価格よりも円高傾向になったとしてもそのマイナス分は近い将来返ってくるはずだという感じでやり取りに向かうのが良いでしょう。

差益を懸命に大きくすることではなく、他の利益、つまりはスワップポイントで稼ぐのを、一番のゴールということにしてやりましょう。

当然のことですが、少しの間に為替変動の為の損失がひどく膨らんでしまうこともあります。

そのことから、そのような損失が大きくても影響のないようレバレッジを最小限にやり取りすることが大事です。

FX(外国為替証拠金取引)は、差損が一定金額以上増えると追い証(追加保証金)を求められたり、または損切りになったりします。

損切りをしたら、即座に売買を清算することになり、長期取引が厳しくなります。

この種のリスクを抑えるためにはレバレッジ2?3倍にしてトレードするのが良いと思います。

次は中期のスタンスのやり取りを見てみましょう。

中期の投資においては、1?2ヶ月くらい経った頃を考慮しての取引となります。

為替の売買のケースでは、およそ1ヶ月ほど後のことはだいたいの場合予測しやすいだと思います。

G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)などの国際的な議会であったり、市場で取引している人たちがいかなる内容に興味を持っているかを確認してみればおおよそ、先読みできるはずです。

こういった経済の状況をチェックしつつチャートを参照することによって、為替相場の動きをわかるようになり、売買を判断するのがいいでしょう。

基本的に経済の状況とテクニックのどちらも良い状態でありもしくはどちらも買い傾向が同様の時はまず思った通りに行くと考えて良いです。

その時は持ち高を増やせばさらに大きいリターンを受け取れるのはほぼ間違いないでしょう。

最後に短期のコツです。

ここでの短期のトレードが指しているのは、言わば日計り取引を示しています。

為替市場でデイトレをするにあたり経済情勢は全然関連がないと明言していいです。

なぜなら翌日の為替相場の動向に、経済の基礎的条件は無関係だからです。

この時の一番の狙いどころは注目される催し物があると、それに影響して為替の相場が大幅に変動するチャンスを見過ごさないようトレードしましょう。

例として、米国において雇用情勢が出されるもしくは金融政策決定会合等によって金利が変化するほどのイベント。

こうしたチャンスに変わり目を逃さないという意味で、短期のスタンスは技術的なデータが必要になる。

Category

リンク