-

日本の「サブカルチャー」を語る上で欠かせない文化が「漫画」です。

日本人のみならず世界中の人で「漫画」を一度も読んだ事が無い人はおそらくかなり少ないのでは、と言われる程、「漫画」は世界中の人に浸透しています。

「漫画」は近年、日本の「代表的サブカルチャー」として世界中から取り上げられ注目される様になりました。

まさに「日本のサブカルチャーにおける基幹産業」となったのが「漫画」なのです。

1980年代までは「漫画」は日本においては既に根付いた「文化」でしたが、日本以外の国では「漫画」は「子供の読む物」としての「稚拙な文化」として見なされていました。

日本以外の国での「漫画」に対する意識と言えば、「新聞の挿絵の漫画」や「勧善懲悪物の子供が読む読み物」としての位置付けだったのです。

それが現在、世界中に日本の「漫画」、「MANGA」が浸透した事によって「漫画」の世界での位置付け、認識は大きく変遷してゆきました。

今では海外の国でも「漫画」は「優良なコンテンツを含む文化」として認識されています。

Category

リンク