-

一般的な初心者向けの外国為替証拠金取引の情報では、「損失を被った場合はナンピン買いして平均の買い付け価格を下げることができる」等と説明されていると思いますが実際にはナンピンには目に見えない罠が待ち受けています。http://blog.livedoor.jp/aoptgtnn7_sws3efe_nn/

まずはじめに、ナンピン買いの仕組みに関して手短に説明しておきます。ナンバーロッカンシャンプートリートメント売ってる場所・最安値は?

仮定として1ドル100円でドルを買ったとします。40代のエイジングケア化粧品の選び方

$買いですので、円安に動くほど儲けが大きくなりますが、反対に1ドルが95円まで円高が進んでしまったとします。マネジメントの基本は人!マネージャーに求められる力とは

この状況でポジションを所有し続けたら、プラスになるためにはドル安になった分円安が進まなければならない。セミントラ 副作用

投資家であれば、損は出来るだけ早く0にしたいと願うでしょう。

これを解決するためはじめに取引したのと同額分のドルを、95円で買い増します。

それによって、ポジション全体の単価は97円50銭まで抑える事が出来ます。

要するに、2円50銭の幅で円安ドル高が進行すれば、損を取り戻す事が出来ます。

こういったことがナンピンの原理です。

このとおり、ナンピン買いのロジックを理解すると「確かに」という考えになるが容易には思うようにはいきません。

元々、95円が下値だということなど、誰一人として予想できません。

たとえば、マーケットが相当に強い円高ドル安地合だとすると1ドル95円では収まることなく、一段のドル安が加速するリスクが高くなります。

たとえば、97.50円でナンピンをした時に95円までドル安が速んだらナンピンした分にも、為替差損が生まれてしまいます。

この状況では、最初に注文したドルと合わさって二重の為替差損が生まれます。

それゆえ、ナンピンは難しいです。

それならば、為替が自らの脚本とは反対にどんどん進んだ場合どういった手法で危機を避ければいいのでしょうか。

ここで選択する術は2つだけあります。

まずひとつは観念して損を確定する事です。

もうひとつは今現在、自分が所有しているポジションを減らす事で再び外国為替市場が戻るのを黙って待機する事だけです。

だいぶ弱腰の対策だと感じる方もいるkもしれません。

だがしかし、ポジションに損失が生じた時、効果のあるやり方はこれよりいいものはないです。

机上ではナンピン買いをするという考え方も効果的です。

けれどもナンピン買いは自身が損失を披っている状態で、買いポジションを減少させるどころか、反対に買いポジションを積み重ねていく考え方です。

この方法では、危険をコントロールすることなどとてもできない察するべきです。

ナンピン買いをしていけばやがては儲けが出るかもしれません。

しかし、それより前に資金はショートしてしまうだろう。

Category

リンク