-

破産宣告の際にあなたの借り入れに関し保証人がいる場合には事前にきちんと相談をしておいたほうがよいでしょう。バラ ロードス

ここで、改めてお勧めしますが借金に保証人が付いているときは自己破産手続き前にちゃんと検討しなければなりません。愛され葉酸 効果

なぜかというと破産宣告をして免責されるとその人たちがあなたの負債をいっさいがっさい支払う必要が生じるからです。ウクレレな日々

だから、自己破産手続き前に保証する人にその詳細とか今の状態を報告し、お詫びをしなければならないでしょう。クリアネオ すそわきが

そういうことは保証人の立場から見ると求められることです。キャッシング 即日

みなさんが破産手続きをすることで、有無を言わせず何百万円もの返済義務が生じてしまうことになるのです。

それで、その後の保証人となる人の選べる方法は4つになります。

まず保証人である人が「全額返す」ということです。

その保証人がその多くの問題なく返済できるほどのお金を持っているならば、これが可能です。

しかしながら自分は破産申告せず保証人となる人に立て替えてもらい、自分はその保証人に月々一定額を返済をしていくという解決策もあるのではないでしょうか。

その保証人が債務者と親しい関係にあるのなら、少しだけ完済期間を猶予してもらうこともありえます。

耳をそろえて完済できない場合でも業者側も話し合いで分割支払いに応じてくれます。

あなたの保証人に破産手続き実行されると、債権がすべて戻らないリスクがあるからです。

その保証人がその債務をすべて払う財力がなければ借金しているあなたと同じようにどれかの債務整理をすることを選択しなけばなりません。

2つめが「任意整理」です。

この方法を取る場合貸金業者と落としどころをつける方法によって5年ほどの期日で完済をめざす方法になります。

実際に弁護士事務所にお願いする際の経費は債権者1社につき4万。

合計7社から契約があれば28万円ほどかかります。

必要な貸金業者との示談を自分でやることも不可能ではないかもしれませんが、経験がない素人の場合債権者側があなたにとってデメリットの多いプランを提示してくるので、注意が必要です。

また、任意整理を行うとしても保証人にお金を負ってもらうことになるわけですから、借金をしたあなたは時間がかかるとしても保証してくれた人に返済を続けていく必要があります。

さらに3つめはあなたの保証人もあなたと同様「自己破産を申し立てる」という方法です。

返せなくなった人と同様に自己破産を申し立てれば、保証人の責任も返さなくて良いことになります。

ただその場合は、もし保証人が不動産などを所有している場合は該当する個人財産を没収されますし、証券会社の役員等の職務にあるのであるならば影響を受けます。

そのような場合、次の個人再生を利用できます。

4つめの選択肢は「個人再生を利用する」ことです。

戸建て住宅などを手元に残しつつ借金の整理を望む場合や自己破産では資格制限に触れる職務に従事している方に検討していただきたいのが個人再生制度です。

この手段なら、マンション等は処分しなくてもよいですし、破産手続きのような職業にかかる制限、資格制限が何もかかりません。

Category

リンク